「企業はなぜ人事が必要か」  
 
 人類の歴史は約500万年といわれております、500万年の昔はどのようなものであったのか想像もつきませんが、力のないひ弱な人間が多くの獰猛な動物たちから逃れ、自然の脅威と戦いながら、今日まで子孫を増やしながら進化を続け、今日までの文明 を築き上げて来たということは、驚くべき能力を秘めている動物であることは間違いありません。それでは、どのようにしてこの弱小な人間が、他の動物をしのいでこれだけ発展してきたのでありましょうか、それには数多の要素があげられますがその根底をなすものは何といいましても人間同士の固い絆で結ばれた「共同生活」であったことは疑うべくもありません。そしてこの「共同生活」を維持していくために必要な、信じ合い、助け合う精神が長い歳月を経て私達の潜在意識の中に養われてきております。
 企業の構成は、人間社会の縮図であります。したがって、昔から、「企業は人なり」と言われてきておりますが、これは人と人との結びつきがいかに大切なものであるかを言い表したものであり、今もこれからも変わらないと思います。私達の思考は、嫉妬と誤解で占められております。その中にあって良好な人と人との関係を築くにはどうしたらいいでしょうか、それは、「真心と信頼」に尽きると思います。相手に真心を持って接し、信頼する事によってお互いの意志が疎通いたします。
 社員と経営者を比べてこれは経営者側だとか社員寄りだとかいろいろ言われておりますが、物事を談じるに、どちらのために成るか、と言うような結論付けは、ナンセンスです。社員と会社(経営者)が両方満たされてこそ企業は成り立つのです。とりあえずどちらか片方のために事をなし、しかるべく後もう片方を満足させるというのは一見正しい様ですがよく考えてみるとどこか間違っていることに気が付かれると思います。
 米100俵の故事を持ち出し、国民に忍耐と貧困を押しつけたまま、自分は救世主気取りで好き勝手な事をやってのけた政治家がいたことはまだ記憶に新しいと思います。双方が誠意を持って話し合い、協力して事に当たれば、双方満足する結果が得られるはずです。又信頼を基調としない人と人との交流は、相手ばかりか自分自身も滅びることになります。どこかの国の輸出食品の様に世界各国でバッシングを受け誰からも相手にされなくなってしまいます。
 更に、それでは現在の自分達が満足していれば将来の事はどうなってもいいのか、と聞かれたことがあります。それに対して私はNOと答えました。もちろん後世の人たち(子孫)の事は充分考えていかなければ成りません。しかし、それには現在の私達が幸せな生活を営んでいることが大切です、自分たちの現在を犠牲にしての子孫の繁栄はありません。現在の幸福な生活がそのまま子孫に引き継がれなければならないのです。前述のように、子孫為に現在の私達の生活を犠牲にするか私達が快適に過ごすために、子孫を犠牲にするという考え方はおかしいのです。常に両方の幸せを同時に考えなければなりません。今日が幸せで有ってこそ明日の幸せを、10年後、100年後の幸せを考えることができるのです。今日が無ければ明日も無く明日がなければ 絶対に未来など無いのです。
 企業も又しかり、労使共に得をする政策で無ければ運用してはいけません、これが企業運営の基本原則なのです。今の社会はこの基本から大きく逸脱している企業が多い様に思われます。
原点を見直さなければならないと申しあげているのはこのことなのです。グローバル化を盛んに口にして何でも他国の、しかも刹那的に自分に都合がよいと思われる事だけを模倣して、自国の大切な文化をないがしろにする風潮はげんに慎まなければなりません。今こそグローバルな視点で考察し、日本の特質を生かしつつ各国の良さを取り入れて、日本の企業を発展させる手法を展開しなければなりません。



  サイトマップ   ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針


〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.