労働契約法に思う 

 
 
 平成20年3月、「労働契約法」が施行されました。これは、賃金を支払われる者(労働者)と賃金を支払う者(使用者)とが対等の立場で、合意して労働契約を締結し、又は変更を行う、というものであります。
 この労働契約を締結し、履行する場合において、対等の立場であるから双方共権利、義務も対等であるということです。勿論この法律は、労働者保護?を目的として創られたものですから、随所にそれがみうけられます。
 又、この法律以外に労働者を保護するものとして、「労働基準法」「労働安全衛生法」「雇用機会均等法」「育児・介護法」「パート労働法」「高年齢者法」「最低賃金法」「労働組合法」その他諸労働関係を制約する法律があり、更に「民法」「刑法」が関連し、頂点に「憲法」あり、これ等が複雑に絡み合って、契約の内容を一つ間違えると思わぬところに落とし穴があったり、とんでもない紛争を引き起こすことが考えられます。しかし、契約は自由が原則であります。紛争が起こったときは「ADR法」「労働審判法」「法廷」等により、あっせん、調停、裁判等で解決を図ることになりますが、これには相当の時間と費用がかかることが予想されます。
 この様なことを未然に防ぐためには、最初からきちんとした、完全な内容の契約をすることが大切です。疎漏の無い完全な契約書を作成するためには、どうしても前述した各法律およびこれに伴う 「政令」「省令」「通達」「指針」「判例」等を熟知し、かつ運用に長じた者のアドバイスが必要になります。それでは、依頼する側としたらどの様な人を選んだらいいのでしょうか?
 依頼する者を選ぶ時は、前宣伝や肩書き等に惑わされないように充分注意してください。依頼するアドバイサー、もしくは代理人の選任を間違えると大変なことになってしまう、ということだけはくれぐれも心に留めておいてください。



  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.