年金を確実に受給する方法 

 
 
 厚生労働省のずさんな年金管理が問題になり始めてから、すでに2年近くが経過しているにもかかわらず、まだ不祥事が次々と出てきております、。
 国や、役人が信用出来ない世の中になっていますので、これからは、すべて自己責任による自己管理が必要です。
 年金の管理は次の様にされたら如何でしょう。
1.従来までの加入記録につきましては、今すぐ管轄の社会保険事務所に出向いて、加入記録を打ち出して貰い、自分の記憶と同じか否か、確認しましょう。

2.国民年金も同じく、管轄の市区町村役場に出向き、同様の方法で確認してください。(窓口は市区町村役場のはずです)

3.自分の記憶(含記録)と違った場合は、その場で確認してください。その場で解らなかったら、必ず、加入履歴の照会申請をしてください。およそ何ヶ月後位になります、とか、何日位かかります、といわれると思いますが、そのとき対応された方の氏名を確認しておいてください。その後は、ご自身で進捗状況を把握出来るように何度か督促してください。

4.これから保険料を支払う場合は、サラリーマンの方は給料明細(保険料控除が記載されている)を保管しておいてください。年間2~3枚でよろしいかと存じますが、1月と12月分は、必ず保管して置くようにしてください(国民年金は領収書等)

5.保管場所は、アルバムなどにはさんで置くのもいいかも知れません。要は、現金、預金通帳等と同じ感覚で管理して頂きたいのです。

 工夫すれば、いくらでも方法はあります、それぞれ各個人で考えて自分にふさわしい管理をしてください。

 年金はあなた様の老後を支える大切な宝です。



  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.