「年金を正しく受ける」   
 
 近頃、厚生年金の「加入記録」について、納付者が不明で特定できないものが、5千万件とも、、。それも多くが特定不能となる可能性が強い。
 テレビ等で年金に関するいろいろなトーク番組が放映されていて、議員先生が出演されていろいろ話しておられるが、この先生方は、常に詭弁を労し、ごまかしと弁解に終始していて、その問答たるや「支離滅裂」で、まさに熊さん・八っつぁんのレベルである。いや熊さん・八っつぁんは江戸っ子で潔さがあるだけにかの先生方はそれ以下かもしれない。聞いていると情けなくてもう怒りを通りこして、虚しくなってくるので、最近はこの類の番組をみないことにしている。
 そもそも年金とは、ドイツの鉄血宰相といわれたビスマルクが、1880年代に導入したのが最初であるといわれております。
 日本では、1875年頃軍人恩給が導入され、紆余曲折を経て1944年に適用対象を拡大し、「厚生年金保険」が制定されてといわれている。ビスマルクは台頭してきた社会主義を拒否したが、そのかわりとして年金制度を導入した。これは国民のことを思って行われ、 日本は当面戦費調達として導入されたと言われているから動機が不純だ。不純な動機によって行われていたのであるから、いい結果が生まれるはずがない 。日本の官僚や政治家と証する代議士先生達はだんだん世襲制になってきている。2世、3世はざらである。この人達は、生まれながらにして役人であり、国会議員であるから、一般庶民の生活状態ななど知るよしもない 。知らないから知っている自分達の世界のみですべて判断してしまう。極論すれば、自分達と同じ環境でない者は、人間ではないのだ。
 鶏は卵を産むために飼料を与えられる。卵を産まなくなった鶏は、肉になるしかない。私達は税金を納めるためだけに働かされる。税金を納めることが出来なくなった人間はもはや用がないのである。
 皆様は、鶏ですか。人間ですか。人間だと自身をもって言い切る方がおられましたら、せめて自分が保険料を納付した分(納付することによって受給できる金額)は確実に受給しましょう。
 待っていては、いつの間にか又ごまかされ、元の黙阿弥になります。今年金を受給しておられる方、これから受給される方、受給はまだまだ先だが、加入記録が心配な方、自分の納得できる加入記録を確認するために、それぞれの信念に従って行動を起こして下さい。



  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.