本  棚   

・本との出会い

 私はなぜか小さいときから本を読むのが好きでした。記憶は定かではありませんが、3歳くらいまでは、まだ本を読むと言うことに興味が無く、絵本などを買い与えられても、その日の内に全部破ってしまったりしていました。そのうち、姉や兄達が次々と小学校に通うようになり午前中は遊ぶ相手が居なくなったこともあり、家にあった古い本、ほとんど茶色に変色したものや、上表紙や綴じ込みが破れて、虫喰いの跡があちこちについている雑誌の類を、意味も良く解らないまま読みあさっていました。なにしろ貧困と物資の乏しい時代でしたから、小学校に通うようになってからも、とても本を買う余裕などなく、知り合った友達から家にある本を持ってきてもらいそれを読んでおりました。中学生くらいになるとようやく世の中も落ち着きを取り戻し、学校に図書室が備えられるようになって、趣味も乱読から、漫画、少年倶楽部のような雑誌、、単行本へと移っていきました。しかし、傾向はあるもののやはり乱読が主流であって、読めるものは手当たり次第という具合でした。それでも先生などに「君は誰の本が好きかね」と聞かれると、「吉川英治です。」 などと気どって(気どったつもりで?)、答えていたものです。 「神州天馬侠」、「鳴門秘帖」、「剣難女難」、「宮本武蔵」などは、すばらしい世界が目の前に開けているようで、心をときめかしながら読んでいたことを鮮明に記憶しております。ただ、何しろ好きな本を好きなときに買うお金もなく、又読んでいる暇もないので、お金がほしい、本を読む時間がほしいと思いながら、過ごしておりました。

・ 好きな作家等々


 私にとってどんな本が受け入れやすいかは自然と決まって来ています。純文学はどうも苦手です、どうも人間の内面は複雑で入り組んでいて私の頭では理解しにくいものがあります。又恋愛小説もどうもいただけない、だいたいこの世の中の男と女との関係はそんなものかなとは思いますが、こうもあからさまに、露骨に描写されたのでは何か圧倒されてしまう感じで、そんな逞しさもないので自ずから逃避してしまう感じです。やはり、疲れたときに頭の切り替えがしたい時などについ手を伸ばしたくなるのが、探偵小説(推理小説)と言うことになります。(探偵と推理とは厳密には分けて居るようですが)相対的にこの類は、多少どきどき、はらはら、がついて回るし、頭の刺激にもなるので気分転換には適していると思います。ご多分に漏れず私も、E.A.ポーから始まって、エラリークイーン、アガサ・クリステイーデイクスン・カー、ヴァン・ダイン等々、日本では、江戸川乱歩、横溝正史、鮎川哲也、西村京太郎、山村美紗、夏樹静子等々、ごくオーソドックスなものしか読んでおりません。
 また、いつの頃からか、ハードボイルドという分野に興味を持ち始めました。これも多くの方々と同じように、ダシエル・ハメット、レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルド、ビル・プロンジーニ等の作品を読みあさり、叩かれ、時には殴られ、危険な目に会いながら少しずつ事件の核心に近づいていく主人公の私立探偵の行動に何かしらの共感を覚えております。
 日本の作者の中にも、前述の作家に勝るとも劣らない作家がたくさんおられます。その中でも私の好きな方の一人に「原 ォ 」氏がおります。彼は1988年に「そして夜は甦る」を発表してから、長編としては、あと3作位かと思われますが、沢崎という中年の私立探偵が、とくに権力や腕力もなく金や名誉を求めるわけでもなく、こつこつと奮闘して、事件を解決していくという設定ですが、これが現在の世の中に違和感なくとけ込んでいると言うところが何ともいえない魅力を感じます。「私が殺した少女」「さらば長き眠り」「愚者死すべし」等にも一貫してこの精神が貫かれております。この作品の中で、私が気を引かれたのはもう一つ、あります、それは、この沢崎の探偵事務所(渡辺探偵事務所)の所在地です。新宿は西新宿のはずれ、立ち並ぶ高層ビルの反対側、新宿警察署の近く、、、、詳しくは省きますが、これは現在の私の事務所に非常に似ております。
 これを機会に時々心にとまった作品の感想や紹介をしていきたいと思います。
   ここに紹介する本は、私の好きな小説の中の一つです。題名は「夜の逆流」  作者  北村鱒夫   1963年頃のものです。
 どこにでも居る極平凡な男が、歌手になりたくて、ある男と東京に行ったまま、行方しれずとなった妹の便りを待っていたところ、2年後見知らぬ人から、妹の遺骨を預かっているから取りにくるようにと連絡があり、遺骨を引き取りに行って妹を死なせた相手を捜し出しついに仇をとるが・・・・
 通常何事によらず ある調査を行う場合、調査方法、資料、聞き込み等誰もができるものではないので、警察、ジヤーナリスト、弁護士、等々その分野に詳い知人がおり、その人達に一部情報を流してもらうというのがほとんどで、私立探偵は、元刑事が多いのもそのためである。
 だが、この「夜の逆流」では、主人公の男(大塚 努)はそのような人達の知り合いもなく、また力を借りることもなく、殴られ、馬鹿にされたりしながら、妹を誘惑しあげくの果てに殺してしまった男を捜し当てるのである、それと同時に、人間の裏の部分、隠れた醜い部分を読むものに強く訴えかけるのである。




  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
社会保険労務士法人 村越・楠経営労務研究所
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.