極私的 Column  

第1回 いとこ会
 

 先日いとこ会に出席した。私には兄が二人、姉が二人いる。五人兄弟だが、いつの頃からか一年に一回会おうということになり、しばらく続いたが、いつの頃からかとぎれてしまい、又いつの頃からか復活した。先日はその兄弟会に、母方の(母の姉の子)いとこが3名参加していただいたのである。
 両親に縁の薄かった私は、親戚付き合いも殆ど無く唯一母の兄(通称立川の伯父さん)だけがご交誼頂いた親戚であった。
 上京して来てからは、この立川の伯父さんには、よく可愛がって頂いたし、そのご家族(含いとこの方々)にもほんとうに親切にしていただいた。
 そんな私であるから、このいとこ達に会うまではどう接してよいのか少しとまどったが、会ってみると全く無用な気遣いであることが解った。顔を合わせた時から何ら違和感なしに長年の知己のようにすーっとうち解けることができたのは、彼の人達の処世のうまさなのかそれとも多少なりとも同じ血が流れている者同士に通じる何かがあったのだろうか。
 もれ聞くところによると、この3名のいとこは、現在錚々たる地位にあり豊かな生活を送っていると言うことである、しかし、そういう雰囲気を少しも感じさせること無くそっと私達のレベルまで品格を落として違和感なく接してくれたことはさすがだと思う。勿論この方達が自分達の生活をここまで築きあげることは、それぞれの豊かな才能と血のにじむ様な努力の結果だと思うが、出生の時の環境もよかったのだと思う、私などは、先祖はともかくとして、出生したときは貧乏のどん底で、生活環境も最低でここまで生きながらえて来たのが不思議に思うくらいだった。(苦労して育ててくれた両親には感謝しているが)
 これは何も私の環境だけではない、周囲を見渡せばこんな事例はいくらでもある、人間は生まれながらにして不平等であることは間違いないし、それぞれ自分ではどうすることもできないことでいわば運命という言葉で処理するしかないとおもう。
 問題は、出生してからは自分の人生は自分で切り開かなければ成らないということを、何時、どういう様に感じ取り、どの様に実行するか(目標に向かって進んでいくか)によって人生が大きく変わるということだ。それでは、どの様にしてこれ等を学び取るのかというとこれ又それぞれの環境によって異なると思うが、やはりその者を育てる立場にある人が教え導くのがベターだと思う。まず保護者、学校の先生、血縁者、等々子供を育てるには多くの人々の善意が必要である。この様にして子供が正常な感覚を持った大人へと成長していき、この行程が繰り返されることによって人間の正しいDNAが受け継がれ、健全な国家が繁栄していくのだと思う。最近は正しく子どもを育てようとする精神が、全体的に希薄になってきていると感じるのは、私だけなのか。
 あわただしい一泊だけの会合であったが、久しぶりに充実した満足感を得られた会合であったと思う。いつも身勝手に単独行動をする私であるが、帰りの電車も途中で乗り換える長兄にあわせ、鈍行で乗換駅まで一緒に行動したのも何十年ぶりかのことであった。他のいとこも含めてまた会う日を心の奥深く密かにおもうのである。


  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.