極私的 Column  

第2回 どうぞお掛け下さい。
 
  先日、所用で八王子に行った。顧問先を2社ほど訪問して、某役所を廻り、夕方中野に用があったので、中野駅で下車するべく、八王子駅から中央快速線東京駅行きに乗り、幸いにも座ることが出来た。(私の後から乗車した人たちは座れなかった人が多かった。)国立駅では、なぜか大勢乗ってきたので急に混雑してきた。私は、7人掛けの一番左側に座っていたが、その私の前に男性の老人が立った。年の頃は75才前後であろうか、少し太めの体型であったが、それ相当に年輪を重ねており、立っていることが辛そうであった。顔はそれなりに皺が刻まれていて、口は堅くへの字に結ばれていて、一片の笑いも許されない厳粛な表情をしていた。手に提げ鞄を提げていたが、それを私の頭の上の網棚にたたきつけるようにして乗せると、両手にそれぞれ吊革をぶらさがるように握り、電車の動きとともに揺れながら、私を凝視している。その表情には、早く降りてそこに座らせてくれよと強く訴えているように思えた。
 私は、この疲れている様子の年輩者を(私も疲れている老人の独りだが)どう扱って良いのか迷った。席を譲ってあげたい気持ちはあるのだが、同時に私も長旅と疲労のため、座っていきたい気持ちがある。かといって目前に疲労度の高そうな老人を見て、何にも感じないわけがない。救いを求めるように、周囲の座っている人たちを見渡したが、若い人達や、元気そうな中年者達も一向に頓着することなく、携帯電話をいじっていたり、大声で談笑したり、又寝た振りをしているなど皆我関せずで、他人のことなど誰も気にしていない。目の前の老人は、時々私を見ながら、海底にゆらぐ昆布のようにゆらりゆらりと揺れている。
 私は、何とか目の前の老人から気をそらせるべく、右を向いたり左を向いたり、仕事のことを考えてみたりしたがどうも落ちつかない。「私は中野駅まで行くんです、それまで降りませんよ」と叫びたくなった、そうすればこの老人は私をあきらめて、もっと降りそうな人の近くに行くのかもしれない。
 西国分寺駅では、乗り換え駅のためか少し多くの人達が下車した、そして向かい側の席が一つ空いたが、この老人は気が付かなかった。これを見つけた元気そうな女子高生が、さっと走ってきて座ると早速携帯電話をいじり始めた。国分寺駅でも何人か下車していくつかの席が空いた。これには、この老人も気が付いたが、彼はがむしゃらに席を取ることを潔しとしないタイプなのだろう、網棚の鞄をゆっくり降ろし、おもむろに空いた席に向かおうとしたが、その次の瞬間にはすでに女子高生がその空いた席に座っていた。
 数年前のことになるが、世田谷の用賀駅から渋谷行の電車に乗ったときのことである。途中の駅で席が空いたので私は座ろうとして近くまで行ったら、太めの女子高生がダッシュで走ってきて、体当たりをくらい、思わずよろけたその瞬間に席を取られてしまった。その時は体調を崩していたせいもあり、人生における惨めな記憶のひとつとして脳裏に焼きついている。そもそも、女子高生やおばさん達と席を争うこと自体、あきらめたほうが良いというのがそのときの教訓である。
 電車は、武蔵小金井を過ぎ、東小金井、武蔵境と進んでいき、その都度同じ様なことが繰り返された。この老人は、アクションを起こすのが遅いのでどうしても後手に廻ってしまう、そして又吊革につかまって揺れながら、細い目でチラチラと私の方を見る、そのたびに 私はあっちを見たりこっちを見たり出来るだけ目を合わせないようにしながら、何か罪を犯して人に見られはしなかったかときょろきょろ当たりを見渡すあの心理状態になる、初めて万引きをした少年が抱くであろう様な何ともいえない心地悪さにさいなまれる。
 私は不作為の犯罪者なのだろうか、これは決して気分のいいものではないし、物凄いストレスになる。この人はいったい何処まで行かれるのだろうか?三鷹駅を過ぎたがまだ状況は変わらない、私は座ったままだし老人は薄目でチラチラ私を見ながらゆらゆら揺れている。吉祥寺駅が近づいてきた、この老人は私の真ん前から少し身体をずらして扉の方に寄っていった、私は呪縛からとき離れたように少し息苦しさが消えた。
 吉祥寺駅で向かい側の席が空いた、老人は気が付かない(もう周りを見渡すことをしなくなった)私はもう我慢の限界だった、彼が外の景色に見とれている隙に、私はさっと向かいの空いた席に移動した。良かったと思った。老人は私のいた席にどしんと座るだろう、
そしてそれからおもむろに立ち上がり、頭上の網棚から鞄をおろして膝の上に載せホットして疲れた身体を癒すに違いない、と思ってそちらを見た、そして愕然とした。この老人は空いた席に座っていなかった、そのまま身体をよじる様にして移り変わる外の景色を眺めていたのだ。これはどうしたことか、この老人は元気溌剌だったのか?私に訴えかける様なあの瞳は、あの態度はいったい何だったのか、私は混乱した。
 私は目を自分の前に転じた、そして又驚愕した、目の前の(向かい側)席には短いスカートの若い女性が、ぐちゃぐちゃ口を動かしながら、大股を開いて携帯電話をいじっていたのである。私は、雄の機能を喪失してから20余年経過している、したがってどんな肢体を目にしたところで、心を動かされる事はないが他人はそうは思うまい、私の移動はこの女性の肢体を見るためであったと思われても仕方のない行為だったのである。
 さすがの私も立て続けの2度のショックにすっかり気が動転してしまった。
 そこで思い切り身体を横にねじ曲げると寝た振りをした、電車は西荻窪駅に着いた、老人は座らない、乗って来た中年の女性が、その空いている席に、北島浩介の飛び込みを連想させるフォームで座り込んだ。
 この老人は次の荻窪駅で降りた。人間の心は時として、自分の希望が達せられないと思ったとき今までの考えと逆の方向に変化していくときがある。ジャンプしても葡萄に届かなかった狼のように、瓶に封じ込められ海底に沈められた魔人のように・・・・・。 永く生きていれば誰でも1度や2度はこの様な経験をしているものだ。
 この老人は少なくとも三鷹駅までは何とか座ろうと一生懸命だった、しかし、三鷹駅を過ぎて自分の下車駅が近づいて来てからは、自分の境遇をのろい始めたに違いない。たぶん私のことを恨んだ事だろう、そしてもう座らなくて良い、いやもう座るものかと心にきめたのだ、私が移動したのはまさにこの直後だったのだ、つまり私がタイミングを誤ったのだ、これはとりもなおさず私が相手の心理を読み損なったわけだ。
 私の心は、空しく、ジレンマに呵まれ、疲れだけが残った。薄目を開けて見たがまだ前の席の女性は同じスタイルで携帯電話をいじっていた。私は中野駅まで苦しい姿勢で寝た振りを続けていた、そして駅に着くと、蒼惶として電車から降りた。かくして私の一日一善は不善に終わったのである。




  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.