極私的 Column  

第3回  夢は荒野を
 
 私は6人家族と同居していながら独り暮らしをしている。
 別に虐待されている訳ではない。
 生活の意識が違うというのか、時間帯が合わないというのか、全体のリズムが狂うとでもいうのか良くわからないが、気が付いて見たらいつの間にか、自分の部屋に閉じこもって家族とは別々の生活をするようになっていた。 
 独り暮らしであるから、3度の食事も全部自分で支度をしなければならない。
食事は自分で作る事を原則としているし、そのように心がけているのだが、なかなか思うようにはいかない。 
 これでも若者と同じように毎日一生懸命働いているので、夜になると疲れて食事を作るのが億劫になる、そこで、時々仕事の帰りに、スーパーやお惣菜屋さんで、1〜2品の惣菜を買って帰ることが多い。
休日などは疲れ果てているので、昼食はいくら暇があっても自分で作る気にならず、つい外食ということになる。 ところがこれが又厄介だ。規則正しい生活をしようとするならば、昼食時間は正午から13時30分位の間に限られる。 しかしながら、この時間帯は殆どの人達が(国民の多くが)昼食をとる時間帯でもある。会社員等の少ない住宅街の商店街では、食事処(此処では食事を提供する店舗の総称)も少なく何処のお店もすぐ満員になってしまう。勿論、お金に糸目を付けなければ悠々と落ち着いて食事をする処はあるが、貧乏人の私には食事代に制限があり、大衆向きの処しか利用できない。故に、満員に近い食事処にどのようにして入るかという事が大きな課題となる。
 本当に、休日の食事処はいつも忙しい、若いカップル、年寄りから赤ん坊まで引き連れた家族らしき人達、中高生らしき若者の群、何の集いかしらないが辺り構わず大声でわめき騒ぐ老婆の団体等々実に賑やかである。
 このような状況であるからおじさんが一人で入っていく場所がない。そしてこれが何処でも共通していることであるが、意を決して入っていくと必ず店員に嫌な顔をされる。しかも遠慮しながら2人掛けのテーブルにでも座ろうものならほとんどカウンターの隅や大テーブルの端に座り直すように指示される。
 これはなにも私だけに限った事ではない、一人で来る中高年男性は必ずこういう扱いを受けている。れが繰り返されている結果だろうか、中高年男性はあまりこういう処には来ていない。
 しかし、世の中良くしたもので、こういう一般に疎外される者でも受け入れて呉れる処がある。それは東京都内の駅近くに展開している、ある蕎麦処のチェーン店だ。立ち食いといってもいまはほとんどが小さな椅子を置いている。このお店は特に歓迎はしないが否定もしない。淡々として受け入れてくれる。勿論セルフサービスだが料金はだいたい500円前後と比較的安い。したがってこの店はお金に乏しい若者や、チョット小腹の空いた中年者、はじき出された老爺などが多く入っている、女性客は殆どいない。
 私も時々この店を利用している。自販機でチケットを買い、調理場のカウンターに差し出すと、自分の好きな席に座って呼ばれるまで待つ、そして待つ間店内を見渡す。一人で来ている中高年の男性が多い店内を見渡していて、ふと一定の年齢の人達に不思議な共通点があることに気がついたのである。其れは年齢が70才前後と思われる人達の殆どが、”カツ丼”を食っている事である。
 先週の日曜日も私はこの店に行った。注文してからそれとなく見ると70才前後と思われる方が4名いる、その4名の内3名がカツ丼を食べているのだ。
 思うに、これらの老爺達は、私と同じ世代、「ああ上野駅」に代表される、戦後間もなくの、集団就職組だったに違いない。六三制の義務教育制度が出来たとはいえ、地方の寒村ではまだまだ子供達の力で家業を支えていることがおおく、現在の教育にはほど遠いものだった。 
 中学を卒業するとすぐ紡績工場に就職するか商店などに丁稚奉公で住込み、僅かな給金(給料とは呼べない)をもらうとほとんど全額を故郷に送らなければならなかった。丁稚奉公は辛い、朝6時には叩き起こされ夜10時頃まで働くのはざらで、仕事があれば休日といえども休むことは出来ず、給金は、小雀の涙くらいしかもらえなかった。
 「仕事を教えてもらっているのに給料とは何事だ」というのが一般的な主の考え方だった。丁稚の身分では満足な食べ物は食べられない、外食などでも自前で食べられるのはラーメンか狸蕎麦ぐらいでしかない、したがって普段は会社でおばさんが作る食事で我慢しているしかない。それでも会社の創業祭とか何か特別な祝い事等があったときには、お店からカツ丼をとってもらえるときがある。これが又本当に美味しかった、この世の中にこれ程美味しくて、栄養満点と思われる食べ物が他にあるだろうか。この年代のこの身分の人達にとってはカツ丼こそが至上最高の美食であり究極の栄養源であると信じていたのだ。
 朝鮮戦争から造船ブームが起こり、神武景気、岩戸景気と世の中は大きく様変わりをして、経済成長は著しく、上昇景気に国を挙げてわき上がったが、集団就職組の生活は少しも楽にならなかった。
 それでも経済は発展し続け、昭和39年には東京オリンピックが開催された。
ときの総理大臣故池田勇人氏が、所得倍増論をひっさげて政界の寵児となったのもこのころだった。 戦後から今日まで平和を維持し、経済大国として世界に冠をはせたのも、皆この人達が自己を犠牲にしてガムシャラに働いて来たお陰である。
 しかしながら、どんなに勇敢な戦士でも死んでしまえば墓場に行くしかない。いや、まだ墓場に葬られ、誰かに供養してもらえる戦士は幸せといえよう。
殆どの戦士が死ねばその場にうち捨てられる、もはや戦うことの出来ない、物もいえない戦士達は、風雨にさらされ、獣たちに食いちぎられ、虫けらの餌食となって、朽ちていき、やがて骨だけとなり、其れも月日と共に風化されて、ついに土壌と化してしまう。誰も、振り返り、思い出す人もなく、忘れ去られてしまい、その栄誉を讃えられることは永久に無いのだ。
  「高鳥死して良弓隠れ、悪兎滅びて犬ほうむらる」
 幸か不幸か戦い終え生きながらえた戦士達は、戦いに疲れ、年輪を重ね、いまは老人と化して自分の家にいても居場所が無く少しも休まらない日々を送っている、何となく邪魔にされ、年齢や持病などを理由にあまり肉などは食べさせてもらえないに違いない。
 それでも人前では、明るく快活に振る舞わなければならない。しかし、もはや明るく楽しい明日など絶対にこない事を自分自身が一番良く知っているのだ。老いさらばえた身を待ちかまえているものは、冷酷な「死」のみである。
   「旅に病んで 夢は枯れ野を かけめぐる」
 旅先で病に倒れて病床に臥し、近づいて来る「死」の足音を耳にしたとき、芭蕉庵松尾宗房の胸に去来したものは、いったい何であっただろうか。
 人生はUターン禁止、過ぎ去った青春は二度と戻らない、美味しいものも食べられず、素敵な衣装を身に纏う事もなく、ギャンブルに打ち興ずる事も出来ず、恋に身を焼く事すら許されず、家族やお国の為にひたすら黙々として働き続け、今日の日本の繁栄をもたらした老戦士達の居場所はもはや何処にも無いのだ。
 自己をすべて犠牲にして一生懸命尽くしてきた家族や国からは感謝の念も見られず、何の感慨もなく、風に吹き寄せられてたまった塵芥のように、焼却炉に捨てられる。この人達の心は、生きながら地獄の景色にも似た荒涼たる荒野を駆けめぐっているのだ。妻や娘達からも相手にされず、外に出ても行く場所とて無く、こういう店に来てカツ丼を食べる。
 見捨てられた老人達にとって、このカツ丼こそが唯一の生命維持の根源であり、誇りでもあり、ただ一つ信じる事が出来るものであるのだ、いかなる神よりも、仏よりも、最愛の妻や娘達よりも・・・
 捨て去さられし戦士達よ、あなた方は間違ってはいなかった、今日の日本の繁栄の礎を築き、経済大国として世界にその名を知らしめたのはあなた方だった、今こそあなた方に心から感謝し、敬意をはらう。ゆっくりカツ丼を味わうがいい。
 私は、ミニカレーセットなるものを食べ終わって、店を出た。 
 数軒先の高級寿司店の前で、この老爺達とほぼ同じ年齢と思われる4〜5人の婆様達が辺り構わず大声で談笑していたが、ひときわ高い嬌声をあげながらどっと店の中になだれ込んでいった。
 私は、なんともやるせない気持ちで胸がいっぱいだった。
 近くのスーパーで、晩酌用の4合瓶と安い刺身を買って帰途についた。
 よく晴れて柔らかな日射しは暖かく、あるか無しかの微風は頬に心地よく、澄み渡った空には所々鰯雲が浮かんで、密集した小さな家々の狭い庭には、色とりどりの花々が思い思いに咲き乱れていて、爽やかな晩秋の昼下がりであったが、なぜか私の心は切なく虚しかった。   




  ホーム   事務所紹介   業務内容   報酬   地図   リンク集   個人情報保護方針

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町11番9号 ストーク四谷202号
村越経営労務研究所
tel:03-5368-1725 fax:03-5368-1726 e-mail:m-murakoshi@nifty.com
Copyright (C) 2007 Murakoshi-lmc-office. All Rights Reserved.